contents
 

 

実際の使用写真  

剥離前剥離後
剥離前             剥離後

剥離後(角部)
剥離後(角部)

ジェットイレーザー使用
 
ジェットイレーザーアクリル弾性タイルの剥離

下地を傷めず、塗膜面を瞬間的に剥離します。取り扱いは簡単、熟練の必要はありません。
また、空気圧力の調整により様々な用途に応用できます。
実際の使用例を参照してください。
ここをクリック!

 

 

 

実際に壁を剥離し、着工前後です。
めんどうな角部分も簡単にきれいに剥離しています。
作業性に優れ、しかも経済的にもコンパクト!

無公害 低騒音 低コスト
水以外には特殊な溶剤などは一切使用していません。粉塵の発生もなく、近隣からの苦情が出る心配は不要です。また剥離後の旧塗膜と水は一度集めて分離することにより、水を一般 生活排水として放流することができます。 ポンプの駆動部は十分に遮断され、噴射時に発生するノイズと、壁面 での衝撃音も従来にくらべて低減されていますので、建物を使用しながらの外壁改修工事が可能なレベルの低騒音を実現しています。 高圧・水温により僅かな水量 でも既存塗膜を完全除去することができますので、従来の剥離剤工法に比べてコストダウンが図られ、同時に高い省エネルギー施工を実現しています。
品質向上 工期短縮 濁水処理
ジェットイレーザーJI-1型の開発により、下地を傷めることなく既存塗膜を完全除去することができます。下地を完全に露出する事ができますので、外壁改修工事による外壁塗膜性能を新築時を同等あるいはそれ以上に向上させることが可能となります。 雨天での施工にもなんら支障がありません。また建物を使用しながらの改修工事では、従来は騒音・振動により作業日程・時間の制約を生じましたが、低騒音なので業務に一切支障を与えませんので、相対的に工期短縮が可能となります。また、反動が少なく、結果 的に体力の消耗も少ないので人を選びません。現場の足場など養生も経済的に有利です。 剥離片および使用水を回収し、生活排水としても流せるように、濁水処理も行います。


<<Entrance>><< Home >>
| ウォーターブリットの特徴  | 製品案内 | Powertruck1000bar | 作業例 | 必要性・優位 性 | 会社概要 | お問い合せ|