contents
 

 

公共土木構造物
・道路擁壁洗浄
・トンネル内壁洗浄
・橋梁塗装剥離・洗浄
・町並美化事業
(街路落書き除去・石畳洗浄など)
保存建築物

・保存建築物外壁洗浄
・外壁コーティング下地調整

 

環境改善

・プール内洗浄や防水塗膜剥離(衛生管理改善)
・浄水場

 

貯蔵設備

・各種貯蔵タンク内部洗浄
(薬品/塗料/油脂など)
・タンカー船槽 やバラストタンクなど

 




リフォーム事業の拡大
・資源の再利用の高まり
・低成長経済時代の到来
・国の財政健全か方針
環境保護意識の高まり

・水質保全の必要性
・廃棄物の削減要請
・生活環境に対する配慮
・資源の再利用化傾向

コスト削減

・企業のコスト意識の高まり
・低成長時代の到来

 

潜在需要

・既存工法に対する圧倒的な技術的優位性
・コスト・工期メリット
・リフォームにとどまらない幅広い応用分野(参照
・環境への配慮という時代性

 ■比べてください。ウォーターブリット工法の優勢は歴然。

対象・諸条件

剥離方法

一般塗装
リシン
アクリル系吹付けタイル
弾性系吹付けタイル
エボキシ系吹き付けタイル
セメント系吹付けタイル
騒音
粉塵
手動ケレン
×
×
×
サンダーケレン
×
剥離剤
×
ウォーターブリッド
サンドブラスト
バーナー剥離
×
×
×
◎=極めて有効 ●=ほぼ有効 △=場合により有効 ×=不可

■サンダー工法 塗膜がサンダーに付着し、剥離効率が低下しやすい。
騒音が非常に大きい。粉塵がでる.
■超高圧水洗工法 塗膜だけでなく下地まで傷めやすい。 超高圧のため扱いに危険性を伴う。
■剥離剤工法 有効性が有機系の塗膜に限定される。
作業効率が悪い。 水質への影響が懸念される.
■水洗い工法 塗膜表面の汚れは除去するが塗膜除去には効果 がない.



<<Entrance>><< Home >>
| ウォーターブリットの特徴  | 製品案内 | Powertruck1000bar | 作業例 | 必要性・優位 性 | 会社概要 | お問い合せ|